糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索
選手紹介

PROFILE

Jan Dunnewind
 
 
ヤン ドゥナワインド
JAN DUNNEWIND
出身国 :オランダ、バント 生年月日:1998/7/8 1型糖尿病発症:4歳 チーム加入歴  :4年
Charles Planet
 
"Believe in yourself, don’t be afraid to fail."
「自分を信じろ、失敗を恐れるな。」

 

オランダ出身のヤン ドゥナワインド選手は、2022年からチーム ノボ ノルディスクのプロチームに参加する新人選手です。チーム ノボ ノルディスクの育成コースを経てチャンスをつかみ、プロチームへの昇格を果たした成功例の1人です。2021年シーズンは年間を通して安定した成績を収めました。2022年の目標は、学び続け、進歩を続けることです。

長身のクライマーである彼は、過去3年間チーム ノボ ノルディスクの育成チームに所属していました。2020年は年間の日程が短縮される中、トルコのグランプリ・カッパドキアとツアー・オブ・メヴランで立て続けにトップ20入りするなど好成績を収め、身体能力の向上とレース経験の両面で大きな前進を果たしました。

ドゥナワインド選手は、3人兄弟の長男として育ちました。4歳の頃、祖母の家にいたある日、糖尿病の典型的な症状である喉の渇きと排尿量の増加に気付きました。彼は病院に連れて行かれ、1型糖尿病と診断されました。「当時まだ幼かったので、糖尿病のなかった診断前の生活を覚えていません。そのことにむしろ感謝しています。」と彼は述べています。

家族や医療チームの支えもあり、ドゥナワインド少年は活動的な子供時代を再開することができ、バレーボール、水泳、テニス、体操などを経験しました。そして16歳の頃にサイクリングを始め、最初は遊びとして乗っていましたがすぐに地元のクラブを見つけ、本格的にトレーニングを開始しました。その後、オランダ自転車競技連盟にも加入し、国内トレーニングキャンプに招待されました。サイクリングへの情熱は高まり続け、やがて、米国で毎年開催されるチーム ノボ ノルディスクのタレントIDキャンプに2回参加しました。この時に糖尿病管理や自転車の扱い方など、さまざまな知識を得たと彼は述べています。キャンプ終了時には、チーム ノボ ノルディスクの育成チームに入ろうと決意していました。

オランダへ帰国後、ドゥナワインド選手はトレーニングを強化し、フランスのタイムトライアルで2位を獲得するなど、数々の好成績を収めました。その結果、2019年のシーズン開幕前に、チームノボノルディスクの育成チームへの招待を受けたのです。

現在23歳のドゥナワインド選手は、建築工学の学位を持ち、以前は建築事務所に勤務していました。家族で2匹の犬、トミーとエディを飼っており、いずれも有名なサイクリストにちなんで付けられた名前です。

 



管理番号:2515-1-1895-01