糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索
選手紹介

PROFILE

Hamish Beedle
 
ハミッシュ ビードル
HAMISH BEADLE
出身地 :ニュージーランド、インバ
     カーギル
生年月日:1998/4/2 身長  :167cm 得意分野:スプリンター 1型糖尿病発症:3歳 チーム加入歴  :7年
Hamish Beedle
 
"Type 1 diabetes is forever changing, and being diagnosed has taught me to be malleable, adaptable and resilient, and continues to teach me more every day."
「1型糖尿病は常に変化し続けています。糖尿病と診断されたことによって、私は、柔軟性、適応力、回復力を身に付けることができました。今も毎日、糖尿病から多くのことを学び続けています。」

 

ニュージーランド出身のハミッシュ ビードル選手は、プロ1年目となった2021年をフル出場で終えました。彼はジュニア時代にチーム ノボ ノルディスクの選手育成制度 (パイプライン) に参加し、育成チームを経て、その後プロに昇格しました。ツール・ド・ラ・ミラベル、ツアー・オブ・サウスボエム、ツール・ド・クロアチアへの出場経験は、23歳の彼にとってさらなる成長の機会になりました。2022年も新たな一歩を踏み出すことができそうです。

ビードル選手が1型糖尿病の診断を受けたのは、3歳の時でした。そのため、糖尿病でなかったときのことはまったく覚えていません。ビードル選手には兄がいて、アクティブな家庭で育ちました。自転車レースに参加していた父と兄の影響を受け、その後を追いたいと思うようになり、そして8歳になるころにはレースに参加するようになっていました。ビードル選手はニュージーランドのジュニア選手として、国内トラックと国際トラックの両方のレベルでランクを上げていきました。さらにチームメイトとともに、U17チームパシュートとU19チームスプリントでニュージーランド記録を達成しました。

ビードル選手は、チーム ノボ ノルディスクが開催したタレントIDキャンプに参加し、種目をトラックレースからロードレースに変更することを決断しました。2018年に将来を期待できる成果をあげ、大きな経験を得た彼は、翌年2019年にGPシクリスト・ド・サグネの第3ステージで5位、ジョー・マーティン・ステージレースのユース部門で9位となる活躍をみせました。

自転車以外では、サーフィンやトランピング (山歩き) 、マウンテンバイクなど、アウトドアの趣味を楽しむ一方、アートや読書、音楽、家族や友人とともに過ごす時間も楽しんでいます。

 



管理番号:2515-1-1650-03