糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索
選手紹介

PROFILE

Matyas Kopecky
 
 
マティアス コペッキ
MATYAS KOPECKY
出身国 :チェコ 生年月日:2003/1/19 得意分野:オールラウンダー、ステー
     ジレース、パンチーショー
     トクライマー
1型糖尿病発症:15歳 チーム加入歴  :1年
Matyas Kopecky
 
"Setbacks are only a sign to start positive change."
「逆境は、物事が好転していく前触れに過ぎない。」

 

マティアス コペッキ選手は、2022年からチーム ノボ ノルディスクの一員となる新人選手です。現在18歳の彼は、チェコのU19のナショナルロードチャンピオンであり、タイムトライアル競技でも強豪クラスです。デビューシーズンは能力開発と勉学に専念する予定ですが、将来が大いに期待される選手です。

コペッキ選手は18歳でロードレース全国優勝を果たしましたが、その2日前にはタイムトライアル個人の部にも出場しており、わずか3秒差で惜しくも2位となっていました。あと少しでチェコの全国選手権2冠に輝くところでした。

彼がチームの目を引く存在になったのは、フランスのカーンで行われたタレントIDキャンプに参加したのがきっかけでした。その後、世界選手権と国内選手権の両方で結果を残し、すぐにその潜在能力を証明してみせました。

オランダのロッテルダム生まれのコペッキ選手ですが、父方の国籍によりチェコ共和国の代表となっています。8歳でサイクリングを始め、すぐに自転車の魅力に取りつかれました。活動的な家庭で育った彼は、シクロクロスのレースに出場するようになり、その後ロードに転向しました。

コペッキ選手は15歳の時に1型糖尿病と診断されました。それでも彼は挫けませんでした。協力してくれる家族や友人など、たくさんの頼もしい人たちに囲まれていたのも幸いしました。診断を受けた時、彼が最初に思ったことは「週末のシクロクロスのレースはどうしよう?」でした。

糖尿病の管理と付き合い方について学んでいくうちに、コペッキ選手はチーム ノボ ノルディスクの存在を知りました。チームのCEO 兼 共同創設者のフィル サザーランド氏の逸話や、糖尿病の変革に向けてメッセージを発信しながら世界各地を転戦する、インスピレーションあふれる自転車競技のアスリートたちの存在を知ったのもその時です。

コペッキ選手は、自分はチェコ人とオランダ人のハーフで、チェコ代表を選んだと述べています。兄と妹が1人ずつおり、いずれもエリートレベルの自転車競技選手です。兄はベルギーのU23で3年目の選手で、現在はUCIコンチネンタルチームに所属しており、妹はオランダのU19チームに所属しています。「自転車好きは遺伝する」の格言どおりの家族です。

自転車以外では、オランダで最終学年の修了を目指す学生です。家族や友人と過ごす時間を楽しんでおり、いつか自由な時間が増えたらギターを始めたいと思っています。
 



管理番号:2515-1-1896-01