糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

 

手軽でクッキングでは暑い時期の一品として豚しゃぶのトマトサルサをご紹介しました。献立内の副菜、2品の作り方も教えていただきました。ぜひ一緒に、またそれぞれ単品としてもご活用ください。

●海老のココナッツスープカレー
カレールー使わずココナッツミルクを使うことでコクがでて、疲れた体にも消化に良い一品です。
カレールーはラード(飽和脂肪酸)ですが、ココナッツミルクは中鎖脂肪酸が多く含まれ効率的なエネルギー源になります。ご飯にかけたり、パンを浸しても合います。

(材料)1人分
海老:小2尾20g (殻付き)
小麦粉:2g (小さじ2/3)
玉ねぎ:20g (1/12個)
オリーブ油:小さじ3/4 (3g)
カレー粉:小さじ1/4 (0.5g)
コンソメ:小さじ1/2 (1.5g)
水:80cc
ココナッツミルク:50cc
塩・こしょう:少々
枝豆:3サヤ (約10g)
れんこん:10g (0.5mm2切)

(作り方)
1.海老は殻と背ワタを取り、よく洗い水気をきる。
2.玉ねぎはみじん切りにする。
3.れんこんは3mm程度の厚さに切り、茹でる。枝豆も茹で、さやから出す。
4.フライパンに、オリーブ油を熱し玉ねぎをよく炒め、カレー粉を加え、軽く炒める。
5.4に小麦粉をまぶした海老を加え、軽く両面を焼く。
6.5に水とコンソメを加え、海老に火が通るまで煮る。
7.6にココナッツミルクを加え温め、塩こしょうで味を整える。
8.7に3を盛り付けて完成。

編集後記 No.6

●なすとオクラのピリ辛浸し
食欲ない時にさっぱりと食べられる夏野菜を使用した一品です。ツナ缶やマグロ・カツオの刺身を加えたり、素麺と一緒に食べても合います。

(材料)1人分
なす:25g (1/4個)
オクラ:15g (2本)
だししょうゆ:小さじ2/3 (4g)
酢:小さじ1/2強 (2g)
豆板醤:小さじ1/6 (1g)
かつお節:0.5g (1/6小パック)

(作り方)
1.なすは縦に5mm程度の厚さに切り、耐熱皿に並べて電子レンジで加熱する。 (600ワットで約2分)
2.オクラも電子レンジで加熱し、ヘタを取り、2等分にする。(600ワットで約1分)
3.だししょうゆ、酢、豆板醤を合わせ、1と2を加える。
4.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、最後にかつお節をかければ完成です。

編集後記 No.6

監修
東京女子医科大学 糖尿病センター 内科
教授・講座主任
馬場園哲也

編集協力
北野滋彦、中神朋子、三浦順之助、柳澤慶香
アイウエオ順

管理番号:JP20DI00242