糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

糖尿病合併症の検査について

合併症にもよりますが、症状に応じて1年に1回を目安に定期的に検査をうけましょう。

糖尿病腎症(腎疾患)の検査


【尿中微量アルブミン検査】

監修:弘世 貴久 先生
東邦大学医学部内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野 教授

 

尿中微量アルブミン検査は、尿検査で実施され、腎臓の血管がダメージを受けることで尿の中に出てくるアルブミンというタンパクの量を測定します。
健康診断などで行われる尿検査よりも、糖尿病腎症のステージがより早い段階で見つけ出すことができます。 

 



管理番号:2515-1-1521-01