糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

糖尿病合併症の検査について

合併症にもよりますが、症状に応じて1年に1回を目安に定期的に検査をうけましょう。

糖尿病網膜症(眼疾患)の検査-眼科で受診


【眼底検査】

監修:弘世 貴久 先生
東邦大学医学部内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野 教授

 

眼底検査は主に眼科で、特殊なカメラで網膜を撮影して網膜の血管の状態を調べます。検査に痛みはなく、30~1時間程度で終ります。
眼底検査では黒目の部分(瞳孔:どうこう)を広げる目薬が使われるため、その効果が続く間はまぶしく感じやすくなりますから検査後の車の運転は控えましょう。

 



管理番号:2515-1-1524-01