糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索
 
[動画] マンディ マルクワット選手  vol.2

 

Mandy Marquardt

When I first rode a bike, I remember how freeing it was.  I still feel that way.  I love the bike.  It’s my therapy.  I am Mandy Marquardt and I am doing everything I can to qualify and represent the United States of America at the Olympic Games.

Ever since I was a little girl, I was dreaming about being in Olympics and now I am so close.  I remember doing some testing when I was 16 and they tested my blood sugar and my blood sugar was really high.  They gave me some insulin and my blood sugar went down and that’s when they knew that I had type 1 diabetes.  I was diagnosed at 16, so it was a huge turning point of what’s going to happen next.  There was one specific doctor and I asked him when can I go back to racing.  He told me that I would never be able to compete at a high level in my sport and that was pretty hard.  I remember telling my dad, “Hey let’s just get back on the bike and have fun and just see where it takes me.  Diabetes is something that I have control over.  Why would I stop when I am this close?”

I am going to make it all worth it for myself and create my own story and be part of that at the end of all this and inspire people living with diabetes that it is totally possible.  Boom!

As an athlete, I am really thinking about how walking is going to affect my training?  How this food is going to affect my training?  But then thinking about my blood sugars and how that is going to affect my training, whatever I eat is going to affect my blood sugars, it’s learning sometimes too to take the emotion out of it and just face what’s in front of you.  It’s my life!

I race the Max Sprints [ph].  It’s 750 meters on a 45-degree angle in a fixed gear bike with absolutely no brakes and ranging speeds up to 40-45 miles an hour.  The fastest person who crosses the line wins, so there is not a lot of room for error.  The training, the mindset, the tactics, the aero position, everything goes into it for 30 seconds.

[Video Text]
Mattamy National Cycling Centre Milton, Canada

I love the energy about the crowd when it’s just you and another opponent on the track.  The arena, it’s just an incredible feeling.  It’s like you are in for battle.  This whole experience is learning to lose, learning to win, living with diabetes and feeling with diabetes.  Showing the world that it’s possible.  It’s not all glitz and glory and it’s a process that you put everything into.  Whether that had been tennis, swimming, track runs, and cycling just really grabbed my attention and it was something that I loved.  I got to see the world and just go really fast and I love that.

Every day that I wake up, I am living my dream.  And the goal is the Olympics.  I am enjoying this entire process and journey and I am doing that with diabetes to show myself and everybody else what’s possible.

 

[日本語]

初めて自転車に乗った時の気持ちを今でも覚えています。
とても解放的な気分でした。それは今も変わりません。
自転車が大好きです。自転車は私にとってのセラピーです。
私はマンディ マルクワット
オリンピック米国代表の座を目指して、全力で毎日頑張っています。

子供の頃から夢だったオリンピック出場に、今の私は手が届きそうです。
糖尿病が判明したのは16歳の時です。
何かの検査で、血糖値が非常に高かったのです。
インスリン投与で数値が下がり、1型糖尿病と診断されました
診断を受けたときは16歳でしたので、今後の人生を左右する大きな転機になりました。
「いつレースに戻れますか?」と担当医の先生に尋ねると、「競技レベルで走るのはもう無理だろう」と言われました。
とてもつらい気持ちになりました。
私は父に言いました。
「ただ楽しんで自転車に乗ってみようよ、それでどうなるか様子をみよう。糖尿病はコントロールができるし、夢がこんなに近くにあるのに何故諦めるの?」

自分でやり甲斐を見出して、自分のストーリーを創っていくつもりです。そして、そのストーリーの終わりに、やれば絶対にできるのだと証明して、糖尿病とともに生きる方々を勇気づけたいです。

皆さん頑張りましょう!

私はアスリートなので、ウォーキングや食事の内容がトレーニングにどう影響するかを真剣に考えます。
しかし、血糖値がトレーニングにどう影響するかについては考えたところで、何を食べても血糖値に影響するわけですから
あまり心配し過ぎず、感情的になる前に目の前の現実を受け入れることが大切だと思います。これが私の人生ですから!

私の種目はマックス・スプリントという短距離走です。ブレーキ無し・固定ギアで、750メートル、45度の下り坂を時速40〜45マイルで疾走します。ゴール線に最速で到達した人が勝ちです。ミスはほとんど許されません。
日頃の練習、考え方、戦術、エアロポジションなど、あらゆる要素を凝縮して、わずか30秒ほどのレースを競い合います。

[ビデオ字幕]
国立マッタミー自転車競技場(カナダ、ミルトン)

対戦相手と2人だけでスタートラインに立ち、観客の熱気が伝わってくる瞬間が好きです。
アリーナでは、非日常的な高揚感を覚えます。戦場にいるかのようです。
そこで経験するのは、負けを知ること、勝ちを知ること、糖尿病とともに生きること、糖尿病を感じることです。可能性を世界に示すのです。
競技には、華やかさや栄光ばかりではなく、あらゆる要素が詰め込まれています。出会った競技が自転車以外のテニス、水泳、陸上などであっても、私はきっと興味を持ち、夢中になっただろうと思いますが、目の前の風景を見ながら、ひたすら速く走る。自転車競技のそこが好きなのです。

毎朝起きるたびに、夢を実現する日々を生きていると感じます。目標はオリンピックです。
そこへ向かうプロセスそのものと旅路を楽しんでいます。
糖尿病を抱えていてもそれは可能なのだと、自分自身と世の中のすべての人々に示すために、私は今日も走り続けています。


管理番号:2515-1-1654-01