糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索
 
[動画] マンディ マルクワット選手  vol.1

 

 

Mandy Marquardt I am Mandy Marquardt and I am racing with diabetes. I’ve been riding a bike ever since I was 6 years old, but really competing – I started when I was 10. I could push really hard on the pedals and go as far as I can and I didn’t really have a parameter. I didn’t have a coach telling me to what to do every day. It was just me going to go for a group ride. I was the youngest woman in the group ride.

I just really wanted a drop from the older guys in the group and just make them suffer. I didn’t know what it meant then, but it was just me having fun, so I just knew it was something I didn’t have to talk. I just did give it everything I had. I, first, was diagnosed at 16. I did not know any other athletes with type 1 diabetes, even just people living with type 1 diabetes, I had no idea what it was at all.

Being amongst all the type 1 people I’ve met and the athletes and kids, it’s a large community and there is so much positivity, it’s given me a more positive outlook, not just on my diabetes, but the happiness and just like having fun and doing what you love in life.

It was an amazing feeling finding out that I am a professional athlete for the first time in my career. I don’t feel any different, but I am thankful for the opportunities that I could continue racing my bike at this level when it’s with team Novo Nordisk and USA Cycling and now going to compete at my first World Championship. I am proud of it. This is who I am and we’re an amazing team.

My advice to anybody living on type 1 diabetes is just be unstoppable.

Team novo nordisk
PRO CYCLING

 

[日本語]

私はマンディ マルクワットです。糖尿病とともにレースに挑戦しています。 6歳で自転車に乗るようになり、10歳で自転車競技を始めました。
限界知らずで、どこまでもペダルをこいで走っていました。 練習内容を教えてくれるコーチ無しで、日々の練習に励みました。
グループ練習にも参加しましたが、私が一番年下の女子でした。 ただ、年上の人たちに勝ちたい、悔しがらせたいと思っていました。
どんな意味があるのかわかっていませんでしたが、ただそれが楽しかったのです。とても重要なものだと思って、それに全身全霊を懸けていました。

糖尿病と診断されたのは16歳のときでした。 1型糖尿病を持つアスリートなんて知らなかったですし、1型糖尿病を持つ人すら知りませんでした。 どんな病気なのかさえ、何も知りませんでした。

その後、1型糖尿病を持つアスリート、子供たちなどの大きなコミュニティに参加しました。
たくさん元気をもらいました。糖尿病だけでなく、人生全般の幸福についても。前向きな気持ちになれました。今は毎日を楽しんで、好きなことをしています。

プロ選手になれると知ったときは、最高の気分でした。
プロになる前と特別な違いは感じませんが、チーム ノボ ノルディスクと米国ナショナルチームの選手として競技を続けられることに感謝しています。
世界選手権出場も決まって、誇りに思っています。
これが今の私です。私たちは素晴らしいチームです。

1型糖尿病を持つ皆さんへ、私からのアドバイスは「前に進み続けて!」

チーム ノボ ノルディスク
プロサイクリング


管理番号:2515-1-1648-01