糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

糖尿病とともに生きる-連載ブログ第24回:糖尿病とともに生きるための秘訣とは?

ジャスティン モリス

[日本語テキスト]

こんにちは、ジャスティン モリスです。

今日はタスマニアにある私の故郷ホバートにきています。今回は私の人生について少しお話ししたいと思います。幸運なことに、私には人生で笑顔になれるものがあります。そう、自転車に乗ることです。それからもう一つあります。それはこの動画の本題でもある、常に1型糖尿病という課題とともに生きることです。私は24年前に1型糖尿病と診断され、この病気とともに生きることの大変さや、絶え間ないこの課題と付き合いながらも前向きに目標を達成できることを知りました。ぜひ皆さんも一緒に自転車に乗ってみませんか?糖尿病に関する私の体験をお話ししましょう。

私が1型糖尿病と診断されたのは1996年のことでした。診断されてすぐ、糖尿病とともに生きるうえできないことや、糖尿病になると達成できないことなど、前向きではない話をたくさん聞いたことを覚えています。でも 診断されて数週間か数カ月後には、1型糖尿病とともに生きることについて私はとても大切な教訓を学びました。

医師が人生のロールモデルになる二人のとても重要な人たちを教えてくれました。一人は ラグビー選手で、オーストラリアのチャンピオンになったスティーブ レヌーフ。もう一人は1型糖尿病とともに生きながらオリンピックで金メダルを獲得したスティーブ レッドグレイブ。二人のスティーブはいずれも1型糖尿病ですが、この課題を抱えながら生活しても、できないことよりできることのほうが多いということを気づかせてくれました。

二人のロールモデルは私にとってインスピレーションの「きっかけ」でした。私のインスピレーションに火をつけてくれたのです。ただし 私の情熱の対象はラグビーをすることでもボートを漕ぐことでもなく、自転車に乗ることでした。自転車のおかげで私は笑顔になれました。その笑顔が インスピレーションの実現に必要なモチベーションになりました。長年がんばってプロのサイクリストになるという夢を叶え、プロとして5年間活動できました。

1型糖尿病でなれるのがプロのアスリートだけというわけではありません。1型糖尿病の課題を克服して偉業を成し遂げている人は大勢います。英国の前首相は1型糖尿病です。1型糖尿病とともに生きるミュージシャンや有名な俳優も大勢います。ですから 皆さんの情熱が何であれ、皆さんを笑顔にしてくれるものが何であれ、1型糖尿病とともに生きながら目標を達成することは可能なのです。

1型糖尿病とともに生きることを成功に導く2つ目の秘訣は、モチベーションにつながる、自分が笑顔になれるようなものを見つけることです。私には1型糖尿病とともに幸せな生活を送るためのインスピレーションとモチベーションがありました。でも 一番大切な秘訣がまだ残っています。人生で何か価値あることを成し遂げるには一人ではできないということです。周囲の人たちの厚いサポートが必要です。糖尿病とともに生きる私たちは特にそうです。

私は幸せなことに素晴らしい奥さんがいて、そして素晴らしい家族や友人たちに助けてもらいながら1型糖尿病とともに充実した生活を送っています。それに 素晴らしい医療チームのおかげで有意義な生活ができています。皆さんも友だちや家族や医療チームのサポートを仰いでください。日本でもたくさんの素晴らしい医療チームがいることを知っています。サマーキャンプで彼らが糖尿病患者さんのために、素晴らしい教育プログラムを提供していることを目にしました。日本で糖尿病とともに生きる方々の多くの素晴らしいストーリーも見聞きしてきました。

支えてくれるチームを頼りにして1型糖尿病とともに充実した人生を実現してください。そして覚えておいてください。必要なのはインスピレーションのきっかけとモチベーション。そして 支えてくれるチームやサポートの輪を生かすことです。チームのサポートを得て有意義な人生を送ることができるでしょう。

これまでにお伝えした3つの点が1型糖尿病とともに生きるうえで最も大切な秘訣だと思います。とてもつらく困難なときもあるでしょう。でも 覚えておいてください、それは困難であるというだけなのです。それはチャレンジです。何かをできなくするバリアでは決してありません。困難だからといって人生の目標を諦める必要はないのです。

[字幕テキスト]

1型糖尿病とともに生きるための秘訣

1.インスピレーションの「きっかけ」
2.モチベーション
3.チームワーク

 

[英語テキスト]

Justin Morris

Konnichiwa, watashi ha Justin Morris.  I am here today in my hometown of Hobart in Tasmania.  I want to talk a little bit about my life, which I have been very lucky because I have something in my life that makes me smile, and that is riding my jitennsha.  But I also have something in my life which I mainly want to talk about in this video, and that is living with the constant and consistent challenge of ichigata tōnyō-byō.  I was diagnosed with ichigata tōnyō-byō 24 years ago and I came to know what is bad about living with this condition, and what we can actually positively achieve in our life despite having this constant challenge we have to deal with. So, why don't you come for a ride with me and I can chat a bit about my experience with this disease.

I was diagnosed with type 1 diabetes in the year 1996.  And I remember, just after I was diagnosed, hearing many things about what I cannot do living with diabetes, I remember hearing all the negative things in my life that diabetes was going to mean I could not achieve.  But it was a couple of weeks or months after I was diagnosed that I actually learned a very important lesson about having type 1 diabetes in my life.

My doctor told me about two very important role models in my life.  One was named Steven Renouf, he was a champion rugby player for Australia; and another guy called Steven Redgrave, who won an Olympic Gold medal whilst living with type 1 diabetes.  These two Stevens, both had type 1 diabetes, and they made me realize there is so much more I can achieve than I cannot achieve despite having this extra challenge in my life.

These two role models acted like a spark for me, a spark for my inspiration.  Those two Stevens worked for me to spark my inspiration.  But my passion was not playing rugby or rowing a boat, but what I did have was the bicycle, and the bicycle made me smile.  That smile became the motivation I needed to make that spark of inspiration a reality.  I was able to work hard for many years and achieve my dream to be a professional bike rider, which I got to do for 5 years.

But I want to make it clear, type 1 diabetes doesn't mean you can only be able to be a professional athlete or in sports.  There are many, many amazing people who have conquered the challenges of type 1 diabetes and achieved amazing things.  The former Prime Minister of England lived with type 1 diabetes.  There are many musicians who live with type 1 diabetes, and there are many famous actors and actresses who live with type 1 diabetes.  So whatever your passion is, whatever makes you smile, you know it is possible to do at a high level despite the extra challenge of type 1 diabetes.

That second ingredient for living a successful life with type 1 diabetes is finding that smile that leads to the motivation. So, I now had the inspiration and I had the motivation to live a happy life despite my type 1 diabetes.  But the most important ingredient still remained.  To achieve anything worthwhile in life is never possible just alone, you need some good support and team around you, and especially true for us who live with diabetes.

I am so lucky, I have an amazing okusan, and I also have amazing family and friends who have helped me on my journey to live successfully with type 1 diabetes.  And also, an amazing healthcare team who have really enabled me to get the most out of my life.  Make sure you ask for support from your friends, from your family, and the amazing healthcare team that I know is there in Japan because I have met many of them and seen the amazing things they are doing with type 1 diabetes summer camps, amazing programs for people with diabetes, amazing intellectual support, and amazing achievements by many, many people who live with diabetes in Japan.

Use your support team, they enable your life with type 1 diabetes.  Remember, you need the spark of inspiration, you need some motivation and utilize your team, your support network.  They really enable you to get the most out of life.

I believe those are the three most important things to focus on when living life with type 1 diabetes.  I know sometimes it can be very, very difficult and very, very challenging.  But remember, it is just that.  It is challenging.  It is not a barrier.  It need not stop you from achieving what you set out to achieve in your life.

 

 

 

 

 

ジャスティン モリス

英語版はこちら

 

ジャスティン モリス氏 略歴:

10歳で1型糖尿病と診断されたジャスティンさんは、人生の夢と目標を見失いかけていましたが、糖尿病対策を目的に自転車競技を始め、プロのサイクリストの道へ進むきっかけにもなりました。ロードレースのプロサイクリストとして5年間を過ごし、競技と糖尿病のコントロールを両立させながら世界の5大陸を転戦しました。その間の競技生活から多くのことを学び、競技の中でも外でも困難に対処していく経験と知恵が身に付いたと語っています。

その後、プロ選手を引退してオーストラリアのマッコーリー大学を2015年に卒業し、心理学と教育学の学位を取得しました。大学在学中には、学業だけでなくスポーツ競技でも優れた成績を収めた学生に贈られる「ブルース・アワード」を授与されました。現在もチームSubaru-marathonMTB.comに所属してマウンテンバイクのマルチデー自転車レースに出場しており、変わらぬ健脚ぶりを発揮しています。クロコダイル・トロフィー、シンプソン・デザート・バイク・チャレンジ、パイオニア・イン・ニュージーランド、モンゴル・バイク・チャレンジの各レースで表彰台入賞を果たしています。

2011年からは、自転車競技経験をもとにした情報発信を開始しました。希望と力を与え、逆境を克服するメッセージを世界中の人々に発信し続けています。

連絡先:
Twitter: @JustinMorrisTT1
Instagram: @justinmorrismdog
LinkedIn: https://www.linkedin.com/in/justin-morris-3a71b4a7/www.mindmatterscoach.com


管理番号:2515-1-1739-01