糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

糖尿病とともに生きる-連載ブログ第31回:糖尿病を持ちながら「親」になる

ジャスティン モリス

    

[日本語テキスト]

*本動画はジャスティン モリスさんの個人的な体験に基づくもので、個人的な見解や感想を述べています。全ての糖尿病患者さんを代表するものではありません。

こんにちは。ジャスティン モリスです。今回も「糖尿病とともに生きるブログ」をお届けします。米国ミシガン州では、ようやくサマータイムに変わり過ごしやすい良い天候になりました。しかしもうひとつ、私と妻モーガンの生活に大きな喜びを与えてくれたのは、この子の誕生です。男の子で、名前はブルーニーです。5月に生まれ、とても陽気で元気にすくすく育ってくれています。1型糖尿病を持ちながら親になった私は、変化の時を迎えています。特にあたなが母親であるならば、1型糖尿病を持っていなければ考える必要がないことについて、考える必要があります。

1型糖尿病を持つ親として、私の生活に影響を与えているとても重要なことがいくつかあります。1つ目は睡眠です。どのようにすれば睡眠を最大限に生かすことができるか、それが血糖値にどのような影響を与えるかということです。2つ目はストレスです。親であろうとなかろうと、ストレスは血糖値に影響を与えます。そして私は、ストレスが血糖値に与える影響を最小限に抑えるための行動がいくつかあると考えています。

アスリートとして長年過ごしてきた私は、疲労や疲れることの意味を知り尽くしているつもりでした。しかし親となった私を襲ったのは、これまでとはレベルが異なる疲労と倦怠感、消耗であり、私はそれに対する備えを全くできていなかったのです。当然ながらその影響はいま、糖尿病管理にまで及んでいます。そんな私の血糖値を安定させるのに役立っていることがいくつかあります。1つは、睡眠が不規則になりがちな状況にあっても、規則正しい食事を心がけることです。食事の時間と量はコントロールできるものの1つです。それらをコントロールし規則正しく保つことにより、睡眠が不規則なときも血糖値を安定させるのに役立っています。

もうひとつ、非常に有効であることに気づいたのが、睡眠を優先するように心がけることです。時として、多忙な仕事のスケジュールにより生活が妨げられます。そしてもちろん、最優先は赤ちゃんです。しかし、皿洗いなど他のことよりも睡眠を優先する必要があるのです。睡眠は生活の全てに影響を与えるため、私も妻も睡眠を優先するように心がけてきました。睡眠は、血糖値はもちろんのこと、気分にも影響を与えます。気分が落ち込むと、血糖値をはじめとするあらゆることに影響が生じます。睡眠時間を増やし、気分を少しでも安定させることができれば、生活のあらゆる物事が少しだけ楽になります。親であるということは、当然ながら簡単なことではありません。しかしとても報われることも多く、前向きな気分でいればより楽しみが増えるのです。

21世紀のいま、ストレスは避けられないものになりつつあり、そして親になれば、必然的にストレスを感じることになります。そしてストレスは血糖値に予期せぬ影響を与えます。ストレスを上手く管理することは、血糖値の管理にも繋がります。親になってからの数週間、ストレスを軽減し血糖値の管理のために私が行っている方法を、皆さんにいくつかお伝えしたいと思います。

深呼吸をすると心拍数を抑え、よりリラックスした気分を保つことができます。息を4秒間深く吸い込み、4秒間止め、4秒間で吐き出します。この方法は有効だと思います。そして他にもいくつか私が行っていることで、ストレス管理に効果があるものを皆さんにお勧めしたいと思います。人によっては、セルフケアが重要となります。散髪したい人もいれば、マッサージが好きな人もいます。気分が良くなり少しでもリラックスできることであれば、なんでも良いと思います。

また軽い運動なども気分を高め、不安とストレスを抑える効果があると私は強く信じています。ほんの少しの運動で効果が得られるのであれば、激しい運動や難しい運動を行う必要はありません。少し体を動かすだけでもストレスを軽減し、ひいては血糖値の管理に役立つことがあります。ただし最も重要なのは、その運動が自分自身に良い効果を与えるものであるということです。だからこそ、あなたのことをよく知っている担当の医療従事者や医師などに相談し、ストレスを管理し血糖値を管理する上で、最も効果的な運動法を見つけることが重要なのです。

結局のところ、親になるということは間違いなく、人生における大きな要素であり大きな喜びです。そして糖尿病を持っているからといって、ためらう必要のないことでもあります。私たちは少しだけ多くの問題を抱えることになるかもしれませんが、糖尿病は素晴らしい親となり、その過程を楽しむことを妨げるものでは決してないのです。

 

[字幕テキスト1]

睡眠不足のときの1型糖尿病管理のヒント

- 食事の時間や量を一定に保つようにする
- 雑用や後回しにできる仕事よりも睡眠を優先する
- 睡眠は気分と健康を向上させる
- 睡眠不足では血糖値の管理は難しくなる

 

[字幕テキスト2]

ストレスを感じる時の1型糖尿病管理のヒント

- 深呼吸をする
- セルフケアが大切 可能な限り自分のための時間をとる
- 軽い運動はストレスの対処に役立つ
- 医療従事者と治療について話してみる

 

 

[英語テキスト]

Good day.  It is Justin Morris here with another episode of the Diabetes Insight Blog for you.  It is now finally summer-time here in Michigan, in the USA, so we can enjoy some nice weather. But the other thing that has been very joyful in my life and my wife Morgan’s life is this guy, his name is Bruny.  We welcomed him into the world in May, and he is a happy, healthy, and growing young boy.  Becoming a parent with Type 1 Diabetes is a period of transition.  Here is a lot of extra things to think about that people without Type 1 Diabetes may not have to think about especially if you are the mother.

There are a couple of things that I think are very important and have been an influence on my life as a parent with Type 1 Diabetes that I want to chat to you about.  Number 1 is sleep and how can we get the most of it, and how it affects our blood sugar levels, and number 2 is stress.  It affects our blood sugar levels whether we are a parent or not a parent, and I think there are some things that we can do that can help it have a little amount of effect on our blood sugar levels as possible.

Having been an athlete for many years, I thought I knew all about fatigue and what it meant to be tired.  But nothing has prepared me for being a parent that is a new level of tiredness, fatigue, exhaustion.  Now, these things of course can affect our diabetes management.  There are a few things that I have found that have been helpful in helping stabilize my blood sugar levels.  One thing is trying to keep my meals consistent despite the erratic sleep I might be having.  One thing I can control is my mealtimes and my meal sizes, so I have been trying to control those and keep them consistent which aids in stabilizing my blood sugar levels when my sleep is very erratic.

Another thing I have found to be very helpful is trying to prioritize sleep.  Sometimes, life gets in the way with busy work schedule and of course, the number 1 priority is a baby.  But sleep needs to be put in front of some other things maybe cleaning dishes and things like this.  I have been trying to for me and my wife to prioritize sleep because sleep affects everything in life.  One of those things it affects of course is our blood sugar levels, but also our mood and when our mood is low, everything else suffers with it including our blood sugar levels.  If we can help bring our mood up with more sleep, then it just makes everything else in life that little bit easier.  Being a parent, definitely not easy, but very rewarding and it is more enjoyable with a positive mood.

Stress has become somewhat of a norm in the 21st century and inevitably accompanies becoming a parent.  It is also a factor that has ramifications on our blood sugar levels.  Being good at managing our stress can also help manage our blood sugar levels. I have found this personally over the past few weeks with becoming a parent and a few of the strategies I have employed to try to help lower my stress and subsequently help managing my blood sugar levels I would like to share with you. 

Deep breathing can help lower the heart rate and keep us in a more relaxed state of mind. Breathe in for 4 seconds, deep, hold for 4 seconds, then breathe out for 4 seconds. I find this to be helpful.  But also, there are some other things that I do, and I can encourage other people to do to help manage their stress.  Self-care is important for some people.  They like to get a haircut; some people a massage, anything that makes you feel good and helps you feel a little more relaxed.

Also, something that I believe deeply in is exercise and light exercise can help boost the mood and help lessen the anxiety and the stress.  If you can just work a little bit of exercise, it doesn’t have to be intense or difficult; just some movement can help with managing your stress and subsequently your blood sugar levels.  But most importantly, it has to work for you and that is why it is important that you speak to your own healthcare provider or your own doctor, someone who knows you personally to work out what techniques may work best for you in managing stress and managing your blood sugar levels.

After all, being a parent is perhaps or definitely the most crucial part of existence and it can be very fun.  And it is another thing that where diabetes need not hold us back.  It may make a little more challenging for us, but diabetes will never hold you back from being a great parent and having fun in the process.

 

 

 

 

 

ジャスティン モリス

英語版はこちら

 

ジャスティン モリス氏 略歴:

10歳で1型糖尿病と診断されたジャスティンさんは、人生の夢と目標を見失いかけていましたが、糖尿病対策を目的に自転車競技を始め、プロのサイクリストの道へ進むきっかけにもなりました。ロードレースのプロサイクリストとして5年間を過ごし、競技と糖尿病のコントロールを両立させながら世界の5大陸を転戦しました。その間の競技生活から多くのことを学び、競技の中でも外でも困難に対処していく経験と知恵が身に付いたと語っています。

その後、プロ選手を引退してオーストラリアのマッコーリー大学を2015年に卒業し、心理学と教育学の学位を取得しました。大学在学中には、学業だけでなくスポーツ競技でも優れた成績を収めた学生に贈られる「ブルース・アワード」を授与されました。現在もチームSubaru-marathonMTB.comに所属してマウンテンバイクのマルチデー自転車レースに出場しており、変わらぬ健脚ぶりを発揮しています。クロコダイル・トロフィー、シンプソン・デザート・バイク・チャレンジ、パイオニア・イン・ニュージーランド、モンゴル・バイク・チャレンジの各レースで表彰台入賞を果たしています。

2011年からは、自転車競技経験をもとにした情報発信を開始しました。希望と力を与え、逆境を克服するメッセージを世界中の人々に発信し続けています。

連絡先:
Twitter: @JustinMorrisTT1
Instagram: @justinmorrismdog
LinkedIn: https://www.linkedin.com/in/justin-morris-3a71b4a7/www.mindmatterscoach.com


管理番号:2515-1-1905-01