糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

糖尿病とともに生きる-連載ブログ第29回:人生の節目との向き合い方

ジャスティン モリス

 

[日本語テキスト]

こんにちは。ジャスティン モリスです。今回も「糖尿病とともに生きるブログ」をお届けします。まず初めに、今回私の生活が大きく変わりました。オーストラリアのタスマニアを離れ、妻のモーガンとアメリカ中部のトラバースシティに移住しました。カナダの国境から2時間ほどの街で、とても寒いです。生活する場所が変わり何かと大変で、人生の大きな節目を迎えています。

誰にでも人生の節目はあります。生活が影響を受けるように、糖尿病の面においてもさまざまな形で困難が訪れます。気候は大きく違い、25度の真夏から氷点下25度の雪景色となりました。アメリカとオーストラリアでは食べ物も違うので、血糖値に影響するかもしれません。主に気候が原因で、オーストラリアにいたころとはライフスタイルが随分変わりました。

精神的にも肉体的にも大変でした。でも、人生の節目に困難はつきものです。それと同時に、ワクワクすることもあるということを忘れないでいたいものです。

今回は人生の節目に直面したときに経験する、精神的な困難、肉体的な困難そしてワクワクすることの3つのテーマをお話します。

困難には肉体的なものと精神的なものがあります。人生の節目で経験する肉体的な困難には、食生活の変化、気候の変化、交友関係の変化などがあります。しかし もっと大変なのは、人生の節目で直面する精神的な困難でしょう。そういった精神的な困難は、ときにつらく乗り越えるのが難しいものですが、立ち向かってみましょう。それらはチャレンジであり、障壁ではないからです。

人生の節目で経験する一番つらい精神的な困難は、自分の目的や役割が疑問に思えてくることかもしれません。新しい場所に引っ越したり、新しいことを始めたりすると、自分の目的や役割が変わることがあります。それはかまいません。大切なのは忍耐強くいることです。前回のブログでもお話したように、忍耐強くいることが課題を克服するために一番大切なのです。

アメリカに来て、私の生活は大きく変わりました。オーストラリアで毎日やっていたことが変わり、付き合う人や仕事の内容も変わりました。でも、私にはまだ果たすべき役割と人生の目的があります。人生のほかのことにも変化が起きても、忍耐強くありたいと思います。

人生の節目で経験する肉体的、精神的な困難のほかに、楽しみなことやワクワクすることもあります。私と妻はいまとてもワクワクしています。それは、4月に予定されている男の子の誕生です。次回のブログでは、もっとワクワクするニュースお伝えできるでしょう。

私たちはこの人生の節目で、避けて通ることのできない肉体的そして精神的困難を経験しました。しかし、どれだけ大きな困難であっても、希望の光やワクワクすること、人生の楽しみは必ずあると皆さんに伝えたいです。新しい仕事、場所、人間関係に困難はつきものですが、ワクワクすることや楽しみも必ずあります。

そして、糖尿病によって人生の節目に追加のチャレンジが増えます。乗り越えられるかどうか不安になることもあるでしょう。ですが、糖尿病は順応します。最初は苦労しますが、私の糖尿病もこの新天地に順応しています。これまでさまざまな人生の節目がありましたが、糖尿病は常に私とともにあり、順応してくれました。どんな困難があっても、新しい状況に順応してこられたのです。

皆さんもぜひ一歩踏み出し、どんな変化でも経験してみてください。人はそのような経験で大きく成長するものです。また皆さんに、ワクワクするニュースをお伝えできることを楽しみにしています。
 

[字幕テキスト1]

人生の節目における肉体的な困難とは

- 食べ物・食生活の変化
- 気候への順応
- 新しい場所・時間帯での血糖値の管理
- 養生法の乱れ

 

[字幕テキスト2]

人生の節目における精神的な困難とは

- 交友関係・サポートネットワークの変化
- 文化・言語の変化
- 人生の目的は変化することを受け入れる
- 新しい場所での充実感・安定感の確立

 

[字幕テキスト3]

人生の節目におけるワクワクすること

- 社会的、環境的な世界の新しい発見
- 世界動向の理解を深める
- いままで当たり前だと思ってきたことへの感謝に気付く
- 挑戦するとき、節目のときこそ自己成長できる

 

[英語テキスト]

Konnichiwa. It's Justin Morris here again with another episode of The Diabetes Insight Blog.  In this episode, my life has changed very much.  No longer am I in Tasmania, in Australia, but with my wife, Morgan, we have moved here to a town called Traverse City, which is in the middle of the USA, about two hours from the Canadian border.  It is very, very cold, samui. Subsequently, moving our life here has been quite challenging, and a big transition in our lives.

Transitions happen in everyone's life at some point.  Of course, as is affected by everything in our life, our diabetes gets challenged in many different ways.  Since moving here, the weather has been tremendously different.  I have gone from 25 degrees Celsius summertime in the sun to 25 degrees below zero in the ice and the snow.  The food in the USA is very different to what we have in Australia.  This can affect my blood sugar levels.  Just the lifestyle itself is very different, mainly because of the weather, from what I was doing in Australia.

It has been a challenge, both mentally and physically.  But when you have that transition in life, there's always these mental and physical challenges.  But we need to remind ourselves there's also some excitement.

In this episode, I am going to talk about those three things – mental challenges, physical challenges, and the things to be excited about, when we face a transition in life.

The challenges in a transition can be both physical and mental.  Those physical challenges, some of which I mentioned before, can include things like the change in the diet, the change in the food, the change in the climate, the change in the friendships that you might have when you go through a transition in life.  But also, and perhaps more challenging, is the mental challenges you may face when you encounter a transition in life.  Those mental challenges can be sometimes more painful and harder to overcome, but digest that.  They are challenges, not barriers.

Probably, the most painful mental challenge of a transition in life is questioning what your purpose and your role is.  Sometimes when you move somewhere new or you start experiencing something new, your purpose or your role can change in life.  That's okay.  But you must be patient.  Like we chatted about in the last blog, being patient is sometimes the most important part of overcoming a challenge.

Here, coming to the USA, my life has changed a lot.  The things I did day-to-day back home in Australia have changed, the people I worked with day-to-day have changed, the types of works that I was doing has changed.  But I know that I still have a role, I still have a purpose in life.  I just have to have some patience because it might change a bit with the other aspects of my life.

As well as those physical and mental challenges that can accompany a transition in life, there are also things to look forward to, things to be excited about.  My wife Morgan and I have something very exciting to look forward to in life, and that is the birth of our new baby boy who is arriving in just two months from now.  The next time we speak, I'll have some even more exciting news to share.

But throughout this whole transition, of course, we have experienced those inevitable physical and mental challenges.  But I really want to emphasize to you all that no matter how hard those challenges are, there can always be this glimmer of hope, this potential for excitement, potential for something to look forward to in life.  Whether it's a new job, a new place you are living, maybe a new relationship you are into, there are always challenges, but they can also always be that thing to look forward to, that thing to be excited about.

Throughout all these transitional experiences in life, diabetes can add an extra challenge that sometimes we don't know if we are going to overcome.  But your diabetes will adapt.  It is, of course, a struggle when it first happens.  But my diabetes has adapted to this new place, to this new location.  Throughout all the transitions I have been through in life, diabetes, of course, is always with me.  It has adapted.  Although it's been challenging, it's been able to adapt to a new situation.

I encourage you all to get out there, experience whatever transition might be waiting for you because it's during those transitions that you experience the most growth in life.  I look forward to sharing some new exciting news with you very soon.

 

 

 

 

 

ジャスティン モリス

英語版はこちら

 

ジャスティン モリス氏 略歴:

10歳で1型糖尿病と診断されたジャスティンさんは、人生の夢と目標を見失いかけていましたが、糖尿病対策を目的に自転車競技を始め、プロのサイクリストの道へ進むきっかけにもなりました。ロードレースのプロサイクリストとして5年間を過ごし、競技と糖尿病のコントロールを両立させながら世界の5大陸を転戦しました。その間の競技生活から多くのことを学び、競技の中でも外でも困難に対処していく経験と知恵が身に付いたと語っています。

その後、プロ選手を引退してオーストラリアのマッコーリー大学を2015年に卒業し、心理学と教育学の学位を取得しました。大学在学中には、学業だけでなくスポーツ競技でも優れた成績を収めた学生に贈られる「ブルース・アワード」を授与されました。現在もチームSubaru-marathonMTB.comに所属してマウンテンバイクのマルチデー自転車レースに出場しており、変わらぬ健脚ぶりを発揮しています。クロコダイル・トロフィー、シンプソン・デザート・バイク・チャレンジ、パイオニア・イン・ニュージーランド、モンゴル・バイク・チャレンジの各レースで表彰台入賞を果たしています。

2011年からは、自転車競技経験をもとにした情報発信を開始しました。希望と力を与え、逆境を克服するメッセージを世界中の人々に発信し続けています。

連絡先:
Twitter: @JustinMorrisTT1
Instagram: @justinmorrismdog
LinkedIn: https://www.linkedin.com/in/justin-morris-3a71b4a7/www.mindmatterscoach.com


管理番号:2515-1-1900-01