糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

インスリンを発見したフレデリック バンティングとチャールズ ベスト(写真右から)

~糖尿病治療 100年の歩み~

インスリンの発見から今日まで、世界中の研究者たちのたゆまぬ努力によって大きく発展してきた糖尿病治療の歩みをご紹介します。

この100年間で、糖尿病治療は大きく進歩しました。

全ての始まりは1921年、トロントの研究者チームによる、糖尿病のイヌの血糖値を下げる「インスリン分子」の発見でした。このインスリンの発見により、糖尿病と診断された人の平均余命は劇的に改善されました。その後も研究者たちのたゆまぬ努力により、糖尿病治療は大きく発展し、今も進化を続けています。

これからの100年は、どのような変革が実現されるのでしょうか。


管理番号:2515-1-1745-02