糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索
Team Novo Nordisk NEWS

チーム ノボ ノルディスク NEWS

 
マンディ マルクワット選手にインタビュー

 

世界が新しい日常に順応するにつれて、マンディ マルクワット選手は、レースのスケジュールが新型コロナウイルス感染症拡大前の水準に近づくことを期待しています。下記インタビューで彼女は、レースが糖尿病管理に果たす役割と、オフの時間をいかに賢く活用しているかについて話してくれました。

2022年について

今年はより多くのレースが開催されることを楽しみにしています。トラックスプリントの競技では、数多くの戦術があり、短いレース時間にもかかわらず、たくさんのトレーニングが必要です。毎月コンスタントにレースに出ていれば、一貫性を保つことに集中でき、レースで鋭さを発揮することができます。2019年は良いレーススケジュールをこなし、オリンピックイヤー前のワールドカップの表彰台にあと少しというところまでいったのは大きかったです。パンアメリカン選手権では表彰台に上ったので、またそこに戻りたいですね。今年は安定してレースに出場できればいいなと思っています。

コンスタントにレースを行うことは、糖尿病を持つ人の場合、繊細で糖尿病の管理にも影響を与えるため、難しいことかもしれません。レースが多いということは、そのストレスを管理する練習がより必要になるということです。トレーニングには多くの糖尿病管理の準備が必要で、私は週6日、9つのセッションのトレーニングを行い、その倍の量をこなす日もあります。30秒のレースのために、週に30時間トレーニングしています。1型糖尿病を持っているため、普段は決まった生活を送っています。遠征が始まり、遠征先での食事に触れるには、慣れるまでまた時間がかかると思います。

成功とはどのようなものか

国際的な舞台で表彰台に再び上り、オリンピックイヤーに向け自信をつけること。

サイクリング後の生活

オンラインで勉強を始めたので、1回につき1つのモジュールをこなすことができます。今は財務会計を学んでいてとても難しいのですが、私の好きなチームでの作業がたくさんあります。精神的にも良い気晴らしになっています。サイクリング以外にも人生が広がっていると思うので、自分の時間を有効的に活用し、サイクリング以外でも成長しているように感じられます。サイクリングは私の仕事であり、重要ですが、将来のために勉強することも良いことだと感じています。

ロールモデルになることについて

私はどちらかというと内向的ですが、人とつながるのが好きなんです。1型糖尿病と診断されたとき、私には尊敬できる人があまりいなかったので、1型糖尿病を持つ子供たちと触れ合うことは重要だと思います。子供たちやその親にとって、良い手本となることが大切です。チーム ノボ ノルディスクに出会い、「これなら私にもできる」と思えるようになるまでには、1年近くかかりました。

 

※この内容は、2022年5月2日にチーム ノボ ノルディスクのウェブサイトへ掲載された記事の翻訳版です。

Mandy Marquardt
Mandy Marquardt


管理番号:2515-1-1903-01