糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

 

正しい注射方法

No.5

 

インスリン注射は医師や看護師に指導されたとおりに行っていますか?間違った方法を続けていると、血糖コントロールに影響したり、注射部位が固くなってくることがあります。インスリン療法を始めたばかりの方も、ベテランの方ももう一度基本を見直してみましょう。

 

毎日の手技を振り返ってみましょう

インスリンの在宅自己注射を開始する際は、針や注射器の取り扱い、注射部位やその方法、製剤の保存や廃棄の仕方など、必ず医療スタッフの指導を受けます。毎日繰り返し行う手技ですが、慣れが生じてくると、自己流に端折ることがあったり、間違った方法を繰り返す方が少なくありません。もう一度、次のポイントをしっかり行っているか、まずはご自身の手技を振り返ってみましょう。もし、「あれっ?」と思うことがあったら、手技を一度見直す必要があるかもしれません。

 

 

 

毎日の手技を振り返ってみましょう

正しい手技が大切な理由

正しい注射方法には、必ず安全で正確に注入するための意味があります。例えば、針を毎回変える必要があるのは、同じ針を使い続けて不潔にならないためだけではありません。針を付けたままにすると、薬液が針の中で固まったり、カートリッジに空気が入ることで、注入不良や注射器の損傷に繋がることがあるからです。また、何回も使用した針先は鈍くなるため、痛みが生じたり、皮膚や皮下へのダメージが大きく、皮下組織が硬くなる原因にもなります。

間違った手技を続けていると、期待される薬の効果が得られず、血糖コントロール不良の原因になりかねません。

 

注射部位のローテーション

インスリンの注射部位は、腹部、大腿部、臀部、上腕などが主に使用されますが、部位によりインスリンの吸収速度が違うため、主治医に指示された場所に注射してください。また、指示された部位の中で、毎回2~3cmずつ、ずらして注射するのが、「注射部位のローテーション」です。

 

注射部位のローテーション

硬結に注意

いつも同じ部位にインスリンを注射していると、注射部位に皮下脂肪が集まった脂肪過形成や、インスリン由来のアミロイド( 蛋白質の線維化した物質)により、皮下に硬い固まり( 硬結、インスリンボール)ができることがあります。注射部位のローテーションをしているつもりでも、利き手やそれぞれに注射しやすい場所があるため、硬結ができてしまっていることがあります。一度できた硬結はなかなか元に戻りません。硬結部位は皮膚が硬くなっていますが、痛みがほとんどないので、ご自身でも気が付かないことが少なくありません。注射部位に硬結がないか、触って確認してみましょう。

 

 

 

硬結に注意

硬結に気付いたら

硬結がある場合には、主治医に必ず報告してください。硬結部位はインスリンが吸収されにくく、注射したインスリン量に見合う効果が得られないため、血糖コントロールが不良になることがあります。また、効果が出ないため、インスリンの量を増やし、硬結のない部分に注射を行うと、今度は低血糖を起こしてしまうおそれもあります。
ご自分の手技が正しいのか、自己流になっていないか、時々確認してみましょう。また、不安や心配があれば気軽に主治医や看護師に相談してください。

日本糖尿病協会のホームページで、「インスリン自己注射ガイド」が閲覧、ダウンロードできます。インスリンの保管方法や注射器の取り扱い、押さえておくべきポイントなど、イラスト入りでわかりやすく解説されています。ぜひ、活用してみてください。
日本糖尿病協会https://www.nittokyo.or.jp

 

 

望月 翔太
東京女子医科大学 糖尿病センター 内科

監修
東京女子医科大学 糖尿病センター 内科
教授・講座主任
馬場園哲也

編集協力
北野滋彦、中神朋子、三浦順之助、柳澤慶香
アイウエオ順

管理番号:JP20DI00165