Go to the page content

高血糖を知るための検査

健康診断では見逃されがち
一度、食後の血糖値をチェックしてみて

食後、インスリンの作用によって速やかに低下するはずの血糖値が高いままになっている状態を「食後高血糖」と呼びます。膵臓からインスリンが分泌されるタイミングが遅れたり、分泌量が十分ではなかったり、あるいはインスリンの効きが悪くなることが原因です。つまり食後高血糖は、膵臓の機能低下の最初のサインと言えます。この段階で「マッタ!」をかけましょう。

通常の健康診断では空腹時の血糖値を測定するため、この値から食後高血糖の存在を知ることはできません。手掛かりとなるのが、直近1~2カ月における血糖値の平均の指標となるHbA1c (ヘモグロビン エーワンシー) の値です。つまり、空腹時の血糖値が高くないにもかかわらずHbA1cが高いなら、平均を押し上げてしまう原因があります。その1つの可能性として疑われるのが食後高血糖です。健康診断の検査項目にHbA1cが入ってないようならば、かかりつけ医に相談して測ってもらいましょう。

HbA1cが5.6%以上で肥満があれば、「特定健康診査・特定保健指導」、いわゆる「メタボ健診」において指導の対象になります。つまり、HbA1cが少し高めの段階で手を打つ必要がある、というわけです。とはいえHbA1cでわかるのは、あくまでも血糖値の“平均”。これだけでは食後高血糖を見逃すこともあります。そこで、食後1時間の血糖値や尿糖を測ってみるのも手です。

こうした検査の結果から食後高血糖が疑われるようならば、医療機関に相談して糖負荷試験を受けましょう。食後の血糖変動の様子が詳しくわかります。 

"隠れ糖尿病"に要注意


血糖値が正常域より高く、糖尿病の診断基準値より低い場合を「境界型」と呼びます。いわゆる「糖尿病予備群」というのは、境界型の人を指しています。近い将来糖尿病になる可能性が高いので、前糖尿病状態になっていると理解してもいいでしょう。「血糖値が高め」「糖尿病の気がある」などと言われたことがあれば、境界型の可能性が極めて高いのです。

「そんな風に言われたことはない」という人も安心できません。下のグラフを見てください。これまで一度も血糖値の異常を指摘されたことがないという40~55歳の男女に糖負荷試験を行ったところ、男性の3人に1人、女性の5~6人に1人が境界型あるいは糖尿病と診断されたのです。この結果から、健康診断で見逃されている“隠れ糖尿病”の存在が、もはや無視できないレベルに達していると考えられます。

高血糖が危ない!

JP22CD00057