糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

糖尿病とともに生きる-連載ブログ第27回:コンフォートゾーンから一歩踏み出そう!

ジャスティン モリス

 

[日本語テキスト]

こんにちは、ジャスティン モリスです。今回も「糖尿病とともに生きるブログ」をお届けします。

いま私はキング島というとても特別な場所を訪れています。キング島はオーストラリア地域でも最も遠い島のひとつで、多くの酪農家が暮らす世界でも有数の牛肉の産地です。しかし、この島を訪れるのはとても難しく生活するのはそれ以上に大変です。特に1型糖尿病を持つ人にはなおさらです。

今回のエピソードでは、糖尿病とともに生きる私たちのコンフォートゾーン (快適な領域) への挑戦、そして、糖尿病を持っていても遠隔地を訪れることを可能にする方法についてお話しします。いくつかのヒントをご紹介しますのでお楽しみに。

コンフォートゾーンとは、慣れ親しんだもの、快適で心地よく感じられるような場所を指します。それは自分の家やベッド、または慣れ親しんだ職場や学校のように、急になくなったり挑戦の必要がなかった領域かもしれません。ご存じのように、人は恐怖を感じたり危険が迫っているような気分に襲われると、このコンフォートゾーンから外へ抜け出そうとするのです。また、何かに挑戦しなければならないと感じたとき、コンフォートゾーンから一歩踏み出そうとします。このコンフォートゾーンから一歩踏み出し外に出たときこそが、新たな物事を学び人間として成長するときであり、世界や自分自身に対する見方が大きく広がりはじめるときなのです。

1型糖尿病を持つ人にとって、コンフォートゾーンから抜け出そうとするときに、とても大事な3つのことがあります。1つ目は、常に準備を整えておくということです。1型糖尿病を持つ人には、体調を管理するために常に持ち歩いておかなければならないものがいくつかあります。まずは低血糖に対処するための軽食です。私は自転車に乗るときや旅行するときは、必ず軽食をいくつか携帯しています。

次に大事なものは、血糖値を測定する機器です。普段使っている血糖値を測定する機器を忘れずに携帯してください。そうすれば、どこにいて何をしたあとでも、血糖値を測定することができます。そして最も重要なものが、1型糖尿病を持つ人が毎日使用するインスリン製剤です。当然ですがインスリン製剤があるからこそ、高い血糖値を下げることができるのです。

コンフォートゾーンから抜け出そうとする際に、重要なことの2つ目がサポートです。人が何か行動しようとするとき、必ずサポートが必要となります。大きな物事はひとりだけの力では成し遂げられません。自分が何かを成し遂げたいと思ったら、コンフォートゾーンから一歩踏み出す前や自分の限界を押し広げる前に、医師や家族、友人などその挑戦をサポートしてくれそうな人に相談しましょう。

コンフォートゾーンを広げるために大事なことの3つ目は、あなたの勇気です。勇気とは、課題が生じたときや、何かに立ち向かうときに使うものです。1型糖尿病とともに生きるうえで、皆さんはこれまでに数多くの困難に直面してきたことと思います。そのため当然ながら、皆さんには勇気があります。そして、その勇気を使ってコンフォートゾーンの外にあるものを追求することができます。さらに、皆さんにあるのは勇気だけではありません。皆さんには物事を確実に成し遂げるための血糖測定器とインスリン製剤と軽食、周囲には皆さんの挑戦をサポートしてくれる人たちとサポートネットワークがあるのです。それによりコンフォートゾーンを広げ、新たな物事を成し遂げ、人生においてより多くの成長を経験することができます。

まずは自分のコンフォートゾーンとは何かを見極めましょう。そしてコンフォートゾーンの外にあるものの中から追求したいものを探してみてください。コンフォートゾーンを少しだけ押し広げることによって得られる喜びや幸福、成長を皆さんが実感できるように願っています。

 

[字幕テキスト]

コンフォートゾーンにチャレンジしよう!

1.準備すること!
2.サポートを求めること!
3.勇気を出すこと!!

 

[英語テキスト]

It's Justin Morris here with another episode of the Diabetes Insight Vlog. In this episode, I'm at a very special place. It's called King Island. The King Island is one of the most remote islands in the Australian area and is home to a lot of dairy farmers and some of the best beef in the world.  But to get here, it's quite difficult, and to live here is even more difficult; especially if you have a condition like type 1 diabetes.

In this episode, I wanted to talk a bit about challenging our comfort zones when we live with diabetes and how it is possible to travel, especially to remote places, despite our condition. Stay tuned, I've got a few tips.

Your comfort zone is where things might feel familiar, comfortable, and easy. Maybe it's your home, maybe it's your bed, maybe it's a familiar workplace or school that you have never really left or challenged. You know that you're pushing this comfort zone when you start to feel scared, when you start to feel like something is at stake. When you start to feel challenged is when you are pushing this comfort zone. When you push that comfort zone, when you're outside that comfort zone, that's when you learn new things, when you grow as a human, and your perspective about the world and yourself becomes much, much bigger.

There are three things that are really important when you're pushing your comfort zone when you have type 1 diabetes. The first one is always Be Prepared. As someone with type 1 diabetes, there're a few things we always have to carry with us to ensure that we can manage our condition. First one, snacks to ensure we can treat any low blood sugar; I always carry some snacks with me whilst I'm riding my bike and whilst I'm travelling wherever I go.

The second important thing is something to test your blood sugar levels with. Maybe you have a CGM, maybe you have a regular blood glucose meter, a finger pricker, you can use that and make sure you always carry it with you, so you can test your blood sugar in different areas, and after you've been doing different things. And the other most important thing that we all use every single day is insulin. If we've got that with us, of course, we can treat high blood glucose levels.

The second most important tool we must use when we are pushing our comfort zone is support. We need support in whatever we're going to do.

Nothing worthwhile was ever achieved alone. Before you push your comfort zone, before you stretch your boundary, ask your doctor, ask your family, ask your friend, or anyone you know who might support you on your journey pursuing whatever it is you want to pursue.

Important tool number three for stretching your comfort zone is something we have spoken about before and that is your Yuki, your courage; what you use to really confront challenges when they arise and I know if you live with type 1 diabetes, you've faced many challenges before, so I know that that Yuki is within you and you can use it to pursue whatever it is you might want to pursue that's outside your comfort zone, but as long as you have that Yuki, you have the blood glucose meter and insulin and snacks to make sure you're prepared for anything and you also have a good team, a support network around you to help you on your journey, your comfort zone can be stretched and you can achieve new things and experience a lot more growth in your life.

I encourage you to identify what your comfort zone is and then identify what it is you might want to pursue that might be outside that comfort zone, and I hope you can experience the joy and happiness and growth you can get from pushing that comfort zone a bit wider.

 

 

 

 

 

ジャスティン モリス

英語版はこちら

 

ジャスティン モリス氏 略歴:

10歳で1型糖尿病と診断されたジャスティンさんは、人生の夢と目標を見失いかけていましたが、糖尿病対策を目的に自転車競技を始め、プロのサイクリストの道へ進むきっかけにもなりました。ロードレースのプロサイクリストとして5年間を過ごし、競技と糖尿病のコントロールを両立させながら世界の5大陸を転戦しました。その間の競技生活から多くのことを学び、競技の中でも外でも困難に対処していく経験と知恵が身に付いたと語っています。

その後、プロ選手を引退してオーストラリアのマッコーリー大学を2015年に卒業し、心理学と教育学の学位を取得しました。大学在学中には、学業だけでなくスポーツ競技でも優れた成績を収めた学生に贈られる「ブルース・アワード」を授与されました。現在もチームSubaru-marathonMTB.comに所属してマウンテンバイクのマルチデー自転車レースに出場しており、変わらぬ健脚ぶりを発揮しています。クロコダイル・トロフィー、シンプソン・デザート・バイク・チャレンジ、パイオニア・イン・ニュージーランド、モンゴル・バイク・チャレンジの各レースで表彰台入賞を果たしています。

2011年からは、自転車競技経験をもとにした情報発信を開始しました。希望と力を与え、逆境を克服するメッセージを世界中の人々に発信し続けています。

連絡先:
Twitter: @JustinMorrisTT1
Instagram: @justinmorrismdog
LinkedIn: https://www.linkedin.com/in/justin-morris-3a71b4a7/www.mindmatterscoach.com


管理番号:2515-1-1840-01