糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


さつまいもと鶏肉の卵焼き

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

さつまいもは秋の味覚の代表格です。でんぷんが豊富で水分を含んで加熱すると、アミラーゼというでんぷんを分解する酵素の働きによって、麦芽糖(マルトース)へと変化し、甘みが強くなります。ぷりんとした食感の卵焼きに、さつまいものほくほくした食感と自然な甘みが加わり、また鶏肉も入るので、食べごたえのあるおかずになります。

水餃子
カロリー 162kcal
単位 2単位
カテゴリ 夕食
調理時間 -
たんぱく質
13.4g
脂質
8.2g
炭水化物
6.8g
食物繊維
0.5g
食塩
0.4g

材料(1人分)

さつまいも 20g
鶏もも肉(皮なし) 20g
<A>
卵(Lサイズ) 1個
だし汁 大さじ1
醤油 1g
みりん 2g
黒煎りごま 小さじ1/2

  • 1
    さつまいも、鶏もも肉は1cm角に切り、耐熱容器に入れ、ラップをして600Wの電子レンジで1分加熱し、冷ましておく。
  • 2
    <A>をボウルに入れ、良く混ぜ合わせる。
  • 3
    テフロン加工のフライパンを熱し、②の卵液を半分流し入れ、①のさつまいも、鶏肉を載せ、端から巻いていく。残りの卵液を流し入れ、同様に巻いていく。
  • 4
    焼きあがったら、一口大に切り器に盛る。

豆知識

さつまいもは秋の味覚の代表格です。でんぷんが豊富で水分を含んで加熱すると、アミラーゼというでんぷんを分解する酵素の働きによって、麦芽糖(マルトース)へと変化し、甘みが強くなります。ぷりんとした食感の卵焼きに、さつまいものほくほくした食感と自然な甘みが加わり、また鶏肉も入るので、食べごたえのあるおかずになります。



管理番号:2515-1-1327-01