糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


歩いて学ぶ 糖尿病ウォークラリー


レポート内の情報は、ウォークラリー開催当時のものです。

 

イベント概要・総括

岩手県糖尿病協会事務局:菊地 正則 様

6月10日(日)朝から曇り空で肌寒く雨も心配されましたが、集合時間前には全員が揃い、参加人数は65名(スタッフ含む)全7チームに分かれて、岩手県糖尿病協会:顧問 引地勲先生、会長 本宮秀孝様から開会挨拶を賜りました。
今年度は新しい試みとして、理学療法士の佐藤真先生、女鹿友也先生の指導の下、運動の大切さや注意する点などを、学びながら準備体操ができ大変好評でした。
参加者全員揃っての記念撮影後、いよいよ各チームとも密かに優勝を目指して、右回り・左回りコースに分かれてスタート、同行のノボ・スタッフからの難問クイズでは相談?しては、自信満々で答える人、正解を尋ねる人、老化防止のためにも考えることが大切と実感しました。
今年度は万歩計の設定歩数(競技は1時間30分程度)に、一番近い方に個人賞がでるとのこと、時折自分の歩数を確認しながらウォーキング、最終ゴール前の階段では、元気に手を振る参加者の笑顔が印象的で全員完歩達成です。最終競技「ボウリング・ゴルフ」ゲーム、高得点を狙う姿は真剣そのもの、応援にも一層熱が入りチームの団結力と仲間意識を強く感じます。
昼食は各自持参のお弁当を、疲れも忘れて和気あいあいと談笑しては、やはり今日の得点が気になるようです。
午後から岩手医大糖尿病代謝内科:富樫弘文先生からメディカルクイズの解説と糖尿病についても講演をいただき、大変勉強になりました。
ノボ・スタッフからご当地クイズの解説では、一喜一憂に沸き、チーム得点を計算していました。
~さぁ注目の結果発表!~
優勝は6班川久保病院チームが栄冠に輝きました~おめでとう「チームワーク」の勝利です。
~個人賞(万歩計ニアピン賞)~
4班ノボ・スタッフの池田伸行さんの4000歩(設定歩数)に、44歩多かったのですが、素晴らしい成績でしたね。優勝はKennethさん~おめでとう~
最後に岩手県糖尿病協会理事:澤田哲伸先生より健康のためにも日ごろから適度な運動を心がけて、来年元気でお会いしましょうと閉会のご挨拶を賜りました。
共催のノボ ノルディスクファーマ(株)スタッフの皆様と提供いただいた大塚食品・遠藤製飴様には心よりお礼申し上げます。

 
image

管理番号:2515-1-1507-01