糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索
選手紹介

PROFILE

Sam Brand
前の選手            次の選手

 

サム・ブランド
SAM BRAND
出身国:マン島、イギリス
生年月日:1991/2/27
身長:182cm
得意分野:オールラウンダー
1型糖尿病発症:16歳

サム・ブランド


Sam Brand
"Diabetes doesn’t define me; what I do with my diabetes does."
「糖尿病が私という人間を決めるのではなく、糖尿病とともに何をなしているかで私が決まります」

 

ブランド選手のチーム ノボ ノルディスクのキャリアは、エリート トライアスロンチームから始まりました。 2013年に、ITU世界トライアスロン選手権のレース出場資格を得たことで、チーム ノボ ノルディスクから注目され、翌シーズンからチーム ノボ ノルディスクのプログラムに参加しました。2014年には、世界選手権予選のノッティンガム トライアスロンの年代別グループで12位、2015年の英国トライアスロン選手権では2位となりました。2015年の大学卒業後、自転車競技に専念することを決断し、2016年のシーズンからチーム ノボ ノルディスクの育成チームに加入しました。

育成チームで大きな活躍をみせたブランド選手は、2017年8月、アメリカの最も過酷なステージレースとして知られているツアー・オブ・ユタに、プロ候補生として出場しました。ブランド選手は、友人や家族の支え、そして今までの努力の結果、プロ候補生として選ばれたと言います。プロ候補生として出場したレースで力を発揮したブランド選手は、2018年シーズンのチーム ノボ ノルディスクと初のプロ契約を獲得しました。

小学校1年生の時、ブランド選手は糖尿病の典型的な症状を経験し、10歳で1型糖尿病と診断されました。ブランド選手の友人や家族、そして医療関係者は、サッカーやバスケットボールなど彼が大好きな活動を再開できるように、全面的に協力をしてくれました。「子どもの頃に糖尿病と診断されたことで、ネガティブに感じたことはありませんでした。家族や周りの人々がサポートしてくれたことに、とても感謝しています」とブランド選手は言います。

マン島生まれのブランド選手は、高校時代を通して様々なスポーツで競技していました。トライアスロンの年代別大会にグレートブリテン島代表で出場した経験のある父親の影響から、ブランド選手も地元のトライアスロン大会に参加し始めました。大学1年生を過ぎたころからスポーツに真剣に取り組むようにったブランド選手は、すぐに才能を発揮し、1年もしないうちに2013年度の世界トライアスロン選手権にグレートブリテン島代表として出場しました。

 

主な出場レースと成績

2017
Larry H. Miller Tour of Utah 出場
Colorado Classic 出場
Tour of China I & II and Tour of Hainan 出場

2015
British Triathlon Championships 2位

2014
Nottingham Triathlon, a World Championship qualifier 12位

2013
ITU Triathlon World Championships 出場

 



管理番号:2515-1-1481-03