糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索
選手紹介

PROFILE

CHARLES PLANET
前の選手            次の選手

 

シャルル・プラネ
CHARLES PLANET
出身国:フランス
生年月日:1993/10/30
身長:179cm
得意分野:オーバーオール
1型糖尿病発症:10歳

シャルル・プラネ


CHARLES PLANET
"I’m super happy and excited to continue racing in the amazing Team Novo Nordisk jersey. I call this team my second family and am super proud to be part of it. My goal for 2019 is to show my character and give it my all again for everyone affected by diabetes."
「この素晴らしいチーム ノボ ノルディスクのジャージを着てレースを続けられることがとても嬉しいです。私にとって、チーム ノボ ノルディスクは第二の家族であり、その一員であることを誇りに思います。2019年の私の目標は、自分自信の走りを見せること、そして糖尿病とともに生きる皆さんのためにすべてを出し尽くすことです」

 

マウンテンバイクとシクロクロスで活躍していたフランス出身のプラネ選手は、全員が1型糖尿病のプロサイクリングチームのことを聞き、ロードレースに挑戦することを決意しました。 彼の6年目となるプロ生活の中で、プラネ選手は才能ある有望な総合選手(General classification)へと成長を続けています。2018年シーズンの中で、特筆すべき成果は、ツール・ド・ハンガリー プロローグでの2位、ツール・ド・エストニア ステージ2での5位、総合順位での8位入賞です。

2014年のツアー・オブ・カリフォルニアでMost Courageous Rider Jerseyを第1~3ステージで獲得、ロードレースへの転身を成功させました。その他の主な成績では、カナダのTour de Beauce ステージ1での上位10位入り(2015年)、ツール・ド・コリア ステージ5における上位10位入りがあります。 また、ジャパンカップサイクルロードレースでは、チーム ノボ ノルディスクとして初出場であった2014年から5年連続で参戦し、2018年はクリテリウムレースにおいて15位になっています。

父親もサイクリストだったプラネ選手は8歳の時にはすでにマウンテンバイクのレースに出場していました。1型糖尿病と診断されたのは10歳の時、両親は診断当初、糖尿病について理解がなく困難を感じながらも、それまでと何も変わらない生活ができるように支えてくれました。彼自身は「時間と経験が必要。気持ちを強く持って、血糖をうまく管理すればアスリートでいられる。そのためには、自分の体の声に耳を傾けよう」と考え、やがてうまくできるようになったと言います。 その後チーム ノボ ノルディスクの存在を知り、ロードレースへの転向を決意。2013年に育成チームに加わり、レースに出場する機会を得ました。そこで好成績を収め2014年にはプロチームと契約を果たしました。

 

主な出場レースと成績

2018
Japan Cup Cycle Road Race   35位

2017
Japan Cup Cycle Road Race  22位

2016
Tour of Korea, Stage5  10位

2015
Tour de Beauce, Stage1   10位

2014
Most Courageous Rider – Amgen Tour of California, Stages1 & 2 Grand Prix de Saguenay 8位
GC – Presidential Cycling Tour of Turkey  36位
Eight-time Lorraine Champion (CX, Road and MTB)
Selected with French National Team for MTB World Cup

 

 



管理番号:2515-1-1167-07