糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

 

新型コロナウイルス感染症の目に関する情報について

No.7

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で拡大しています。新型コロナウイルスは口や鼻といった上気道の粘膜から感染します。新型コロナウイルスに感染した方の咳やくしゃみ、しゃべっている時の唾液(つば)に含まれるウイルスが顔にかかった場合、上気道の粘膜からウイルスが体の中に入ってウイルスに感染します。また、ウイルスが付いたテーブルや椅子、パソコンのキーボードなどをさわって、そのまま手で口や鼻をさわったりした場合にも、ウイルスに感染する可能性があります。

新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い・アルコール消毒」や「マスクの着用を含む咳エチケット」と言われています。

医療従事者は無論のこと、一般の方でも、マスクをして、さらにフェイスシールドやゴーグルを装着している方をよく見かけます。これは、白目の粘膜組織である「結膜」からも感染する可能性があるからです。

日本眼科学会では、国民の皆様へ、新型コロナウイルス感染症の目に関する情報について、ホームページ上で公開しています。目からのウイルス感染にどのように注意し、目の病気からいかに自分を守るのかをまとめてあります。ご一読いただければ幸いです。

「新型コロナウイルス感染症の目に関する情報について(第 2 報)― 国民の皆様へ―」
http://www.nichigan.or.jp/news/080.pdf

 

 

北野 滋彦
東京女子医科大学 糖尿病センター 眼科

監修
東京女子医科大学 糖尿病センター 内科
教授・講座主任
馬場園哲也

編集協力
北野滋彦、中神朋子、三浦順之助、柳澤慶香
アイウエオ順

管理番号:JP21DI00017