糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

Team Novo Nordisk NEWS

チーム ノボ ノルディスク NEWS

ツール・ド・ルワンダでロサーノ(チーム ノボ ノルディスク)が勝利を収める

2018年8月14日

レース:ツール・ド・ルワンダ ステージ7
スタート/ゴール: ムサンセ / キガリ ルワンダ
距離:107.4キロメートル

ルワンダ、キガリ ― 全員が糖尿病の選手から構成された世界初のプロサイクリングチーム、チーム ノボ ノルディスクのダヴィ・ロサーノ(スペイン)がツール・ド・ルワンダ ステージ7で区間初優勝し、歴史的勝利を収めた。チーム結成から6年、2度目の勝利となった。

ムサンゼから始まるこの107キロメートルステージは、2つの中間スプリントと6つ区間にわけられた山岳区間からなる構成だ。チーム ノボ ノルディスクは、序盤からアタックし、ヨーナス・ヘンッタラ(フィンランド)が最初のブレイクを仕掛けていった。集団は最初の山岳区間で崩れ、レースの終盤地点であるキガリに近づいた頃、ロサーノは小集団から飛び出し9人で成る先頭集団に入りこんでいった。最後の山岳区間に向け、ロサーノはアタックをかけていき、エスケープしてくる選手を引き離し、その日のステージで勝利を手にした。

スペイン、タラサ出身のロサーノは、マウンテンバイクとシクロクロスでスペインのナショナルチャンピオンに11回輝いた過去を持つ。キャリアのピークを迎えた22歳の時、彼は1型糖尿病の診断を受け、チーム からは突然の契約解雇を受けた。1型糖尿病の診断を受けた後間もなくして、彼はチーム ノボ ノルディスクの創設者であるサザーランド氏とSNSを通じて知り合い、彼が新たに結成したチーム ノボ ノルディスクのレースに誘われた。チームに加入して6年目を迎えた彼は、ツール・ド・エストニア(2018年)で総合6位入賞、ショレ・ペイ・ド・ワール(2014年)では、山岳賞の成績を収めている。今回のステージ7の勝利により、ツール・ド・ルワンダ全体としてもトップ5の成績となった。

全員が糖尿病の選手から構成された世界初のプロサイクリングチームは、8日間におよんだルワンダでのレースを終える。ステージ8は82.2キロメートルのキガリでのサーキットレースとなる。最終ステージは、キガリウォールと2つの中間スプリントを含む7つの山岳区間で構成されている。

ダヴィ・ロサーノのコメント
この勝利は、私たちチームや私個人のみならず世界中の糖尿病と戦う人々にとって非常に意味のあるものです。ここルワンダでこの勝利を収められたことは大変素晴らしいことです。ここは本当に特別な場所で、表彰台の一番高い場所に立っていることは大変光栄なことですし、私たちのチームメッセージであるChanging Diabetes®~糖尿病を克服する~のジャージを誇りに思います。

フィル・サザーランドのコメント
この勝利は、チーム ノボ ノルディスク、1型チーム財団やルワンダの糖尿病患者さん一人ひとり、そして4億3700万人の世界中の糖尿病による制限ある生活を送る人々全員にとっての勝利です。この勝利にかけるダヴィの思いはとても強く、彼はタフで厳しいこの過酷なレースを見事戦いました。彼はチャンピオンであり、そして我々はともにここルワンダで糖尿病を克服したのです!



管理番号:2515-1-1506-01