糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

Team Novo Nordisk NEWS

チーム ノボ ノルディスク NEWS

アブダビ・ツアー初日  ダヴィ・ロサーノ、逃げ集団に加わり先頭を引っ張る

2017年2月23日

 

レース名:アブダビ・ツアー 第1ステージ
開催場所:マディーナット・ゼイド UAE
距離:189キロ
クラス:ワールド・ツアー


初出場となるアブダビ・ツアーの初日、ダヴィ・ロサーノ選手が先頭を引っ張る逃げグループに加わり125キロを走った。今レースはチームとして2度目のワールド・ステージ・ツアーである。

スタート後のゆるやかなペースから、最初に仕掛けられた逃げにシャルル・プラネ選手が加わった。その逃げ集団が吸収されると、次にロサーノと5人の選手が抜け出し、3キロで1分の差をつけた。結局、この日プロトン(メイン集団)はほぼレースを通して、適切な距離を保ちながら逃げ集団の後を走る展開となった。2つ目のスプリントポイント(139キロ地点)で、ロサーノを含む3人の選手がプロトンに吸収され、残り16キロの地点で逃げていた選手が全て吸収された。大きな集団のままゴールになだれ込み、マーク・キャベンディッシュ選手(Dimension Data)が優勝、チーム ノボ ノルディスクのクェンティン・ヴァローニュとシャルル・プラネが優秀若手ライダー賞(Best Young Rider)対象者の中でそれぞれ8位と10位につけた。

「スタート後、プロトンは逃げに出たグループをそのまま逃がした。まずシャルルが、続いて私がトライ。私が加わった逃げグループは、ほぼレースを通してそのままプロトンの前を走ることになった。」とロサーノ選手。「2つめのスプリントポイントで、差は1分を切っており、私はチームのスプリントをアシストするために後退した。」

選手全員が糖尿病を持つ世界初のプロサイクリングチーム、チーム ノボ ノルディスクは、金曜日、同ツアー第2ステージ、アル・マライヤ島をスタートする153キロの第2ステージに挑む。2つのスプリントポイントを経てアル・マリーナでゴールとなる。

アブダビ・ツアー公式サイト(英語)
http://www.abudhabitour.com/classifiche2017.php?t=Z2Vu&s=MDE=



管理番号:2515-1344-02