糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

Team Novo Nordisk NEWS

チーム ノボ ノルディスク NEWS

フェルスホール選手、ミュンスターに復活!強さを見せる

レース名:スパルカッセン・ミュンスターランド・ジロ
開催場所:ドイツ イッベンビューレン~ミュンスター
距離:179.9キロ


10月1日 土曜日、チーム ノボ ノルディスクは、第10回スパルカッセン・ミュンスターランド・ジロに参戦。
イッベンビューレンをスタート地点とするワンデイ・レースでは、早々5人の選手が飛び出し、さらに2人が合流した。逃げ集団は60キロ地点では5分以上の差をつけたが、最終盤、ミュンスター市内に入ってから3周する周回コースに入るころには、4人に減り、残り12キロのところで全てメイン集団に吸収された。

しかし、すぐさま新たなアタックがかけられた。中にはタイムトライアルの世界チャンピオンを3度獲得しているトニー・マーティン(エティックス・ クイックステップ)の姿もあった。
チーム ノボ ノルディスクのマルテイン・フェルスホール選手は、8月の深刻な落車から初めてのレースだったが、この逃げが有望とみるやすぐに合流した。フェルスホール選手はさらにアタックを仕掛け、およそ1キロにわたって逃げ集団の前を独走した。最終的にはフェルスホール選手及び他の逃げ選手は残り1.5キロの地点で吸収された。その後落車があり、人数を減らした集団スプリントから抜け出たトム・ボーネン(エティックス・ クイックステップ)が優勝。
チーム ノボ ノルディスク最高位はシャルル・プラネの22位。

フェルスホールは、「今日はとても良い気分です。特にレース終盤の動きは良かったと思います。逃げるべきと思いましたし、脚も身体もよく動いて果敢にレースができたことが嬉しいです。結果的に逃げを決めることはできませんでしたが、それでも今日のレース内容を誇りに思います。」



管理番号:2515-1289-02