糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

選手紹介

PROFILE

 

クリス・ウィリアムス
CHRIS WILLIAMS
出身国:オーストラリア
生年月日:1981/11/10
身長:181cm
得意分野:ドメスティーク
1型糖尿病発症:27歳
"I don’t think that just because I have diabetes, it’s something that has to hold me back."
「糖尿病であることは、私に何かを諦めさせる理由にはならない」

 

プロとして6年目を迎えるウィリアムス選手は、果敢に逃げ(ブレイクアウェイ)を仕掛ける真のドメスティークですが、2016年には、ツール・ド・フィリピーナの第3ステージ最終スプリントで5位という、自身最高の成績を残しました。
大学に入ってから本格的にスポーツを始め、卒業後にロードレースに転身、めきめきと力をつけつつもプロになれるとは思わず、地元オーストラリアのチームに在籍していた時も教師を続けていました。あるレース終了後、不調を感じ病院に行ったウィリアムス選手は1型糖尿病と診断されました。思いもよらぬ診断と悲観的な医師の言葉に、自転車競技を諦めようと思いましたが、仲間たちがそうさせてはくれませんでした。

2011年にはプロコンチネンタルチーム、チャンピオン・システムと契約、その後チーム ノボ ノルディスクに紹介されました。すでにプロ引退を考えていた彼ですが、選手全員が糖尿病を持つチームからのオファーを受け、チャレンジを続ける決心をしました。
レース以外でも自転車に乗るのが大好きなウィリアムス選手を支えるのは、冒険好きなオーストラリア人気質です。

 

主な出場レースと成績

2014
Most Aggressive Rider – Post Danmark Rundt , Stage4
Queensland State Road Race Champion

2012
Queensland State Criterium Champion

 

 



管理番号:2515-1-1168-03