糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


糖尿病食レシピ

焼きかぼちゃの南蛮漬け

焼きかぼちゃの南蛮漬け

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

日本で多く流通しているのは西洋かぼちゃで、ほくほくした食感が特徴です。一方、和かぼちゃ(日本かぼちゃ)は水分が多く含まれます。皮の色が濃いほど中も色が濃く、βカロテンが多いとされています。その他には、ビタミンEやビタミンC、食物繊維なども含まれています。ビタミンのうち、A(βカロテン)、E、D、Kは脂溶性ビタミンで油と一緒に摂る(調理する)と吸収率が高まるとされています。南蛮漬けでは油を使いますし、またナッツからも脂質が摂れるのでおすすめです。

データ
カテゴリ 野菜・豆
カロリー 151kcal
たんぱく質 2.7g
食物繊維 2.1g
脂質 8.6g
糖質 14.0g
炭水化物 16.1g
食塩 1.5g
材料(1人分)
かぼちゃ 50g
クルミ 5g
<A>
だし汁 50cc
穀物酢 小さじ2
醤油 小さじ2
はちみつ 小さじ1
サラダ油 小さじ1
作り方
1
かぼちゃはくし形で、7mmの厚さに切る。
2
クルミは乾煎りし、細かく刻んでおく。
3
小鍋に<A>を入れ火にかけ、沸々してきたら火を止め、②を加えておく。
4
フライパンにサラダ油をひき、①を焼き、温かいうちに③につける。
5
10分以上味を馴染ませて、器に盛る。



管理番号:2515-1-1440-01