糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


糖尿病食レシピ

切り昆布とツナの炒り煮

切り昆布とツナの炒り煮

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

昆布は低カロリーで旨みたっぷり。血糖の上昇を穏やかにしてくれる、不溶性食物繊維も含まれています。出汁として使うだけでなく、様々な料理にとり入れたいですね。刻み昆布は最初から細く切ってあるので、味がよく出やすいうえ食べやすいのが特徴です。ツナ缶はこれまで油漬けが主流でしたが、最近では脂質を控えた水煮、スープ煮などが増えているので、汁ごと使えます。良質なたんぱく源として活用しましょう。

データ
カテゴリ 魚介
カロリー 103kcal
たんぱく質 8.0g
食物繊維 6.4g
脂質 5.4g
炭水化物 9.3g
食塩 2.6g
材料(1人分)
刻み昆布(乾燥) 20g
人参 20g
ツナ水煮缶 1/8個
サラダ油 小さじ1
<A>鰹だし汁 1/4カップ
<A>醤油 小さじ1
<A>塩 少々
作り方
1
刻み昆布は水で戻して食べやすい大きさに切り、人参は細切りにする。
2
フライパンにサラダ油を引き、1を炒める。全体に油が回ったらツナと<A>を加え、水分がなくなるまで炒り煮する。



管理番号:2515-1-1142-02