糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


夏野菜と水切り豆腐の炒め物

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

豆腐は植物性のたんぱく源で、夏場にはあっさりと冷奴などで食べる方が多いでしょう。でも、冷たいものをとりがちで胃腸を冷やしやすい夏場には、あえて温かいメニューがおすすめです。絹ごし豆腐よりも水分が少ない木綿豆腐は、水切りすると弾力のある食感になり、炒め物にも活用できます。きゅうりは生で食べるのが一般的ですが、加熱すると爽やかな甘みが増して美味しくいただけます。ズッキーニ、トマトが加わると彩りが華やかになります。

水餃子
カロリー 194kcal
単位 2.4単位
カテゴリ 夕食
調理時間 -
たんぱく質
13.6g
脂質
11.7g
炭水化物
8.8g
食物繊維
2.3g
食塩
1.0g

材料(1人分)

木綿豆腐 100g
油揚げ 6g (1/3枚)
きゅうり 50g (1/2本)
ズッキーニ(黄) 50g (6cm)
トマト 50g (1/4個)
鰹節 2g(1/2袋)
サラダ油 小さじ1
<A>
赤みそ 小さじ1/2
にんにくすりおろし 小さじ1/4
醤油 小さじ1/2
小さじ1/2

  • 1
    豆腐は重しをのせて1時間以上、よく水切りしておく。
  • 2
    油揚げはフライパンで両面こんがりと焼き、半分の長さの1cm幅の短冊切りにする。
  • 3
    きゅうりは3cmの長さに切り、包丁の背でたたいて割る。ズッキーニは3cmの長さに切り1cm幅の拍子切りに、トマトはくし切りにする。
  • 4
    <A>は良く混ぜ合わせておく。
  • 5
    ②のフライパンにサラダ油を引き①の豆腐を崩しながら炒め、焼き目が付いたら③のきゅうり、ズッキーニを加えさらに炒め、火が通ったら、③のトマト、②の油揚げ、<A>を加え良く炒め合わせる。
  • 6
    ⑤を器に盛り、鰹節を載せる。

豆知識

豆腐は植物性のたんぱく源で、夏場にはあっさりと冷奴などで食べる方が多いでしょう。でも、冷たいものをとりがちで胃腸を冷やしやすい夏場には、あえて温かいメニューがおすすめです。絹ごし豆腐よりも水分が少ない木綿豆腐は、水切りすると弾力のある食感になり、炒め物にも活用できます。きゅうりは生で食べるのが一般的ですが、加熱すると爽やかな甘みが増して美味しくいただけます。ズッキーニ、トマトが加わると彩りが華やかになります。



管理番号:2515-1-1324-01