糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


 もち麦入りミネストローネ 

 

1日の食物繊維摂取目標量 〔 厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)より〕
18~64歳 男性20g以上 女性18g以上
70歳以上 男性19g以上 女性17g以上

※各食品グループについては、日本糖尿病学会編・著糖尿病食事療法のための食品交換表
第7 版 日本糖尿病協会・文光堂 2013 をご参照ください。

※日本糖尿学会編・著「糖尿病食事療法のための食品交換表」に関する記載・記述部分については、一般社団法人日本糖尿病学会の引用許可を得ています。転用などを行う場合は必ず、該当する部分のデータあるいはプリントアウトを添付するなどして、同学会の引用許可を得てください。

 

献立例
・もち麦入りミネストローネ
・マッシュルームサラダ

材料・1人分
もち麦 60g (1/2カップ)
にんにく 6g (1かけ)
たまねぎ 50g (1/4個)
トマト(ザク切り) 80g (1/2個)
しめじ 50g (1/2 パック)
にんじん 25g (1/4 本)
糸かんてん 2g
オリーブ油 6g (大さじ1/2)
水 2カップ
鶏がらスープの素 1.3g (小さじ1/2)
塩 少々
こしょう 少々

作り方
① もち麦は、水で洗っておく。
② 糸かんてんも水でさっと洗い、ざるにあげて、2~3cmの長さに切る。
③ にんにく、たまねぎはみじん切り、トマトはざく切り、しめじはほぐし、にんじんはさいの目に切る。
④ 鍋にオリーブ油とにんにく、たまねぎを入れて火にかけ、炒める。
⑤ 香りがたったらもち麦、トマト、しめじ、にんじん、水、鶏がらスープの素を加えて、ふたをして弱火でもち麦がやわらかくなるまで煮る。
⑥ 糸かんてんを食べる直前に加える。
⑦ 塩・こしょうで味を調える。
⑧ 器に盛る。
※マッシュルームサラダの作り方は、ノボケアCircle17号編集後記のページをご覧下さい。

食物繊維には水に溶ける水溶性のものと、水に溶けづらい不溶性の2 種類があります。前者は糖の吸収を穏やかにし、後者は腸を刺激し、ぜんどう運動を活発にすることで便通を促す働きがあります。野菜が不足がちなメニューでは主食に雑穀を取り入れてみてもよいでしょう。摂取上の注意点は、よく噛まずに食べていると、消化不良を起こしやすくなります。また、水分をあまり摂らないでいると、腸内で水分不足となり便秘を悪化させることもあります。食物繊維は腸内環境を整える効果がありますから、様々な食品から水溶性・不溶性の両方の繊維をまんべんなく摂取することが理想です。

 

 

東京女子医科大学病院 栄養管理部
柴崎 千絵里

 

監修 内潟 安子 [ 創刊によせて ]
東京女子医科大学
糖尿病センター センター長

編集協力
岩﨑 直子、尾形 真規子、北野 滋彦、中神 朋子、馬場園 哲也、廣瀬 晶、福嶋 はるみ、三浦 順之助、柳澤 慶香
(東京女子医科大学糖尿病センター)
アイウエオ順

管理番号:JP/DG/0117/0008