糖尿病を知ろう

インスリンとは?

監修:川崎医科大学
糖尿病・代謝・内分泌内科学 加来 浩平先生

 インスリンと聞くと「怖い」「糖尿病が悪化した証拠」「自己管理ができないからインスリンが必要になった」といった、マイナスの印象を持つ患者さんがいらっしゃいます。しかし、糖尿病という病気は、時が経つとともに病状が変わっていくため、インスリン療法が必要になる時もあります。
ここでは、糖尿病による合併症を防ぎ、適切な時期にインスリン療法をはじめられるように、インスリン療法がなぜ必要かを一緒に勉強していきましょう。

「インスリンとは?」

 インスリンとは、ひとの体の中でつくられるホルモンで、唯一血液中のブドウ糖(血糖)を少なくする働きをもっています。
 お腹のちょうど中心にある「すい臓」という臓器に、「ランゲルハンス島のβ細胞」という名前の細胞がたくさんあり、インスリンはこの細胞で作られています。

インスリンとは?

血糖値・HbA1c・体重の管理はマイページで!

HbA1cの説明

ページ上部へ戻るページ上部へ戻る

糖尿病を知ろうTOPへ

糖尿病サイトTOPへ

管理番号: 2515-1-0120-01

インスリン(インシュリン)とは? | 【糖尿病サイト】